株式会社アイアールネットワーク&アイアール人事・労務研究所のお知らせ&ニュース (労働関係事件・事故)「「就職」が「離職」上回る」

組織力で会社を支える、人事労務のエキスパート
社風創り・業務代行・労務トラブル対応など実績多数!
  • 組織人事コンサルティング
  • 社労士業務サービス
  • BPO(業務代行)サービス

お知らせ&ニュース

「就職」が「離職」上回る

更新日:2016/09/08 [ 労働関係事件・事故 ]

〜 2016.8月 静岡新聞 〜

厚生労働省が24日発表した2015年の雇用動向調査によると、労働者のうち就職や転職で新たに仕事に就いた人の割合を示す「入職率」は16.3%、退職や解雇で仕事を辞めた人の割合を示す「離職率」は15.0%だった。入職率が離職率を上回るのは3年連続で、景気回復や人手不足から企業の積極的な採用が続いているとみられる。

前年と比べると入職率は1.0ポイント、離職率は0.5ポイントそれぞれ低下。厚労省は「パートなどで働き始める人が減った一方、時給が上がって辞めなくなったことが影響し、動きが少なくなった」と分析した。

一方、正社員になった人は前年から21万人以上増えており「パートから正社員への転換など質の改善も進んでいる」とみている。

転職して賃金が増えたのは男女全体の35.6%、減ったのは33.4%で前年に引き続き「増加」が「減少」を上回った。

前の記事 次の記事

企業経営に関する人事・労務の事務代行/相談/コンサルティングは社労士事務所<アイアール人事・労務研究所>にお任せ下さい。

お問い合わせ先はこちら